w w w w w w
TOP
ホームページ 右
手焼きせんべい直販 風林堂 メール
商品リスト
◆ギフト BOX
◆オリジナル
   「さがみ八撰」
◆おせんべいに印刷
 「ぷりんたぶるせんべい」
ご案内
◆はじめにご覧ください
◆お買い物の詳細
◆送料
◆個人情報について
SHOP
◆工場・直売店
アラカルト
◆相模原の民話
◆お仙ばあさんのはなし
◆お米からお煎餅まで
◆Q&A
◆PoPダウンロード
◆リンク
お問い合わせ
 神奈川県相模原市南区
  下溝536-24
 TEL 042-777-4501
 

Copyright(C)
2003−2010
FurindohLtd
Reserved

 
 

第23話: やっとこ宇太郎山姫に出会う


 大島村の名主の召使いで「やっとこ」宇太郎というものがいました。あるとき、この宇太郎がだんなの使いで、高尾山のふもとの名主の所へ行きました。その帰り道、大戸の奥の榎久保山で、山姫に出会ったのです。山姫というのは、山中に住んでいる美しい女で、人間を獲って食べるといわれていました。
  宇太郎は絶体絶命、覚悟を決めて山姫の着物の裾をつかんで、お尻をパッとまくってやったのです。さすがの山姫も面くらい、袂から柿の種をこぼしながら逃げ出しました。宇太郎も必死で裾をつかんだまま離しません。山姫も尻をまくられたまま今度は柿の種を宇太郎の頭に打ちつけ始めました。いやその種の臭いこと、臭いこと、目がくらむほどでした。
  宇太郎は山の中を引きずるまわされたあげく、山姫を取り逃がしてしまいました。裾を握っていた手には動物の毛がくっついていました。
  主人の家に戻った宇太郎は何ともかとも臭くて、川で体を洗って、やっと家の中に入れてもらいました。 手にくっついていた毛はむじなのものでした。山姫の正体です。投げた柿の種はむじなが食べた柿の実の糞だったのです。
座間美都治
相模原民話伝説集より