w w w w w w
TOP
ホームページ 右
手焼きせんべい直販 風林堂 メール
商品リスト
◆ギフト BOX
◆オリジナル
   「さがみ八撰」
◆おせんべいに印刷
 「ぷりんたぶるせんべい」
ご案内
◆はじめにご覧ください
◆お買い物の詳細
◆送料
◆個人情報について
SHOP
◆工場・直売店
アラカルト
◆相模原の民話
◆お仙ばあさんのはなし
◆お米からお煎餅まで
◆Q&A
◆PoPダウンロード
◆リンク
お問い合わせ
 神奈川県相模原市南区
  下溝536-24
 TEL 042-777-4501
 

Copyright(C)
2003−2010
FurindohLtd
Reserved

 
 

第6話:相原の相撲取り


 
 相模原にはでいらぼっちの話があちこちにあります。今回は相原(あいはら)です。
 昔、この地相原にもたいへんに力持ちの相撲取りがおりました。ある時大山へ行って勝ち抜き相撲をとったそうです。何しろとても強いのでだんだんと勝ち進み、とうとう最後の一番になりました。その最後にあたった相手がでいらぼっちでした。
 のっしのっしと出てきた姿を見れば、太い孟宗竹を片手でぐいとしごいて平たくし、それをがっしり腰に締めたまわし姿です。行司の軍配で、両者はさっと仕切って取り組みましたが、相手がでいらぼっちでは、さすがの相原の相撲取りも、手も足も出ません。軽々と抱えあげられてばたばたするだけです。「われをどっちへなげたらええか、こっちの谷か、あっちの山か」相原の方は目をくるくる回して「投げなくてもいい。土俵に体がつけば負けなんだから、そのまま下においてくれ!」必死に頼んで、やっと命が助かったそうです。
 でいらぼっちの強さが群を抜いていたという逸話です。
 

座間美都治
相模原民話伝説集より