w w w w w w
TOP
ホームページ 右
手焼きせんべい直販 風林堂 メール
商品リスト
◆ギフト BOX
◆オリジナル
   「さがみ八撰」
◆おせんべいに印刷
 「ぷりんたぶるせんべい」
ご案内
◆はじめにご覧ください
◆お買い物の詳細
◆送料
◆個人情報について
SHOP
◆工場・直売店
アラカルト
◆相模原の民話
◆お仙ばあさんのはなし
◆お米からお煎餅まで
◆Q&A
◆PoPダウンロード
◆リンク
お問い合わせ
 神奈川県相模原市南区
  下溝536-24
 TEL 042-777-4501
 

Copyright(C)
2003−2010
FurindohLtd
Reserved

 
 

第18話: 梅宗寺観音堂由来


 
 
むかし、どこからか一人の女の六部(巡礼)が梅宗寺の門前に弱り果ててたどり着きました。しかもその女は身ごもっていて産気づき、苦しみはじめました。
門前で飴を売っていたお婆さんが驚いて助け起こし、家の中に入れて介抱しましたが、その甲斐なく女は子どもを生んで間もなく、亡くなってしまいました。  そこでねんごろに葬り、赤子は寺の住職が引き取って育てることになりました。
さてその後、夕暮れになると必ずお婆さんの店先に立つ女がありました。
髪をおどろに乱し痩せ衰え、黙って一文銭を出して飴玉を指差し求めて帰るのです。
それが毎日続いて六日になり、それ以降ぴったりと来なくなりました。
  お婆さんは不思議に思い住職に話しました。住職は暫く考えて「それは、この間亡くなった六部の幽霊に違いない。赤子が飴をしゃぶっていたので不審に思っていたが 、死んでも子どものことが心配で、飴玉を買って与えていたのだ。葬るときに持たせた六文銭がなくなったので来なくなったのだ。不憫なことよ」と数珠をまさぐるのでした。
 お婆さんは近所の人と鳩川に『流れ灌頂』を作って冥福を祈りました。
その後観音堂が建てられ、安産と子育ての護りとして永く祀られています。

※灌頂(かんじょう):墓参りなどのとき、墓に閼伽(あか)の水を注ぎかけること。    

座間美都治
相模原民話伝説集より